放課後エクスペンダブルズ別館

「ネット史上、最も意識の低い映画サイト」ビーパワーハードボイルドのデッドプー太郎のフィギュア、エアガンレビューサイトです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KJ Works Glock19

先日サバゲーに行ってきたとツイートしましたが、めちゃくちゃ楽しかったです!!

大自然の中で乱射するって素敵ですね。

気持ちはバーニーロスだったのですが、装弾数5発しかない上にしょっちゅう弾詰まりを起こすターミネーターショットガンじゃ、プライベートライアンのアパムのようにひたすら怯えることしかできなかったので実に4年ぶりくらいに買いました。

G19-1

KJ Worksのガスブローバックグロック19です。聞き慣れないメーカーですが、台湾のメーカーらしいです。

ネットで東京マルイ製のグロックとパーツの互換性があるということでパチモンかと思っていたんですが、ショップの店員さんに聞くとパチモンではないようです。なるほど・・・・そういうことですね。それは熱い!!

ネットでの話の通り互換性は確かにあり、少しきついですがマルイ製のグロック17のマガジンが使えバシバシ撃てます。
マルイのグロック17もしくは26とも悩みましたが、ちょうどいいサイズ。価格(東京マルイ製が10,000円~15,000円程の相場に対し7,140円でした)、そして何より大好きな映画「ジャッカル」でブルース・ウィリスが使っていたので子供の頃から憧れていたこともあり購入を決めました。


G19-2

外観。いやーかっこいいですね。グロック17を少し小ぶりにした感じで手に程良く収まります。(グロック26だと小さ過ぎるんですよね)。低価格からか刻印が一切入っておりません。この辺は残念と言えば残念ですが値段を考えるとOKでしょう。元からプラスチック製のグロックですし、仕上げがそこまで良くなくても様になります。


G19-3

スライドオープン時。肝心の実写性能ですが、さすが内部機構はマルイ製のとそのまんまということで、真っすぐ飛びますし安定しています。何より嬉しいのがブローバックの反動。買う前にグロック17も撃ってみましたが、こっちの方がきつく感じます。手の中でビシビシ暴れます!!難点を言うと純正のマガジンのバルブは小さくきちんとガスが入っているかわからんとこですが、すぐにガスがなくなるわけではないですし、実戦の時はマルイ製マガジンを使用すればOKでしょう。

G19-4

刻印のないツルツルの外観、国産メーカーに比べるとややおもちゃくさい仕上げというのはありますが、確かな性能ですし
ガスブローバックとは思えない圧倒的な価格の安さ!!日本人でも使いやすいセミコンパクトサイズでグロック19自体、昔にKSCとタナカワークスから出たきりこれといったものはないので、家で軽く遊ぶにしてもサバゲーでバシバシ使うにしてもバッチリです。次のサバゲーが楽しみだぜ!!



【2014年9月13日追記】
試射動画を作りました。これは本当に値段以上の価値があります!!

KJワークス グロック19 試射動画

放課後エクスペンダブルズ
→メインコンテンツの映画レビューです。
「往年の日曜洋画劇場」をブログで再現を鋼のマニュフェストとして更新を続けていきます。
こちらもよろしくお願いします。

Twitter
→デッドプー太郎のtwitterアカウントです。140文字の心のドッジボールしましょう。


スポンサーサイト

テーマ:トイガン・ミリタリー系 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://americanheros.blog.fc2.com/tb.php/83-ab7d007b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。